• English

日立金属ネオマテリアルトップ > 技術紹介 > 材料技術
> 合金材料・クラッド材料・線材・銅材

材料技術

●合金材料・クラッド材料・線材・銅材

長年の経験と不断の研究に培われた技術を駆使して、お客様のニーズに応じた金属部品の素材となる板材、線材を一貫体制で製造しています。鋼塊に対しては、厳格な成分管理、スラブの内質検査、板材の全長全幅自動表面検査などを行い、また冷間圧延においては自動板厚制御を駆使し、お客様が求める用途に適した品位・精度を有した製品を提供します。

ご要望に応じた形状と寸法、素材の組み合わせでお客様のニーズにお応えします。

【用途】

電池、自動車、通信機器など

「合金材料 板材」
板材の製造工程
原料を溶解し、所定の成分の合金とした後、熱間圧延、冷間圧延、熱処理により、ご要望の特性・寸法に仕上げます。

板材の製造工程

「クラッド材」
クラッド材の製造工程
高品質クラッドメタルを生み出す、独自の製造ライン
表面研磨した素板を重ねて圧接した後、焼鈍を行うことで接合をより強固にします。

線材の製造工程

「合金材料 線材」
線材の製造工程
原料を溶解し、所定の成分の合金とした後、熱間圧延とダイスによる冷間伸線、焼鈍、研削を繰り返しながら、ご要望の特性・寸法に仕上げます。

極薄箔の製造工程

「銅材」
銅条・異形条及び銅帯・銅棒・成型銅・異型管の製造工程
矩形・円形の基本的な形状から複雑な断面形状を持つ異形銅条・成型銅まで対応し、お客さまのプロセスコスト削減に貢献します。

銅条・異形条及び銅帯・銅棒・成型銅・異型管の製造工程 イメージ図

PAGE TOP

PAGE TOP ページトップへ