• English

日立金属ネオマテリアルトップ > 企業情報
> 日立金属グループCSR活動

企業情報

●日立金属グループCSR活動

日立金属グループは創業以来「『最良の会社』を具現して社会に貢献すること」を経営理念に掲げ事業活動を行ってきました。この経営理念は日立金属グループのCSRに対する考え方を的確に表しています。

「最良の会社」とは、時代とともに変わっていかなければなりません。それは、社会の要請に柔軟に対応し、従業員一人ひとりが日々の業務の中で自らを高めていくことで当社グループが持続的成長を成しえ、社会に貢献することができるという会社です。

当社グループのCSR活動は「最良の会社」を具現するためのものです。そのため、当社グループの持続的成長はCSR活動なくしては成しえません。CSR活動の根幹は法令遵守であり、そのうえで経済性、社会性、環境性の調和のとれた企業活動があり、常に社会に存在する責任を自覚し、多種多様のステークホルダーとより良い関係を保ちながら事業活動を行うことが当社グループのCSRという考え方です。企業はステークホルダーの信頼がなくては存続しません。その信頼を勝ちえるため時代に合った感性を磨きながら、誠実で透明性のある企業活動を行っています。そしてCSRを経営の根幹に据え、持続的成長を確実にすることで、より良い社会づくりに貢献できる「最良の会社」をめざしています。

PAGE TOP

PAGE TOP ページトップへ